腕とココロの関係2

【痛みが知らせる「ココロの声」】

身体の痛みなんて、なければ楽なのになあ。

そう感じることありませんか?


でも、痛みは必要だから存在しているのですよね^^


痛みは「ココロの声」だから。


腕の痛みはあなたに訴えます。

「抱え込まないで。腕を広げてみて。

新しいものは、腕を広げた分だけ手に入ることに気付いて。」


あなたが気づき、抱えていたものを手放した時、腕の痛みは徐々になくなっていくことでしょう。



【関節の痛みは古い考えの固まり】


腕の痛みの中でも、特に関節が痛いひとは要注意。


古い考え方にとらわれ、新しい考え方が出来なくなっているかもしれません。

「私の限界はこの程度」

「今まで学んできた事を精一杯やる以外に道はない。」

そんな保守的な考えばかりしていると、腕は痛みのシグナルを送ります。


「貴方はもっと新しい挑戦が出来る!!」


【身体が出すサインを放っておかないで】


さて、あなたが今、原因不明の腕の痛みに悩んでいたら。

どんな古い考えを手放しますか?


どんな新しいチャレンジを始めますか?


自分の中にある「本当はやってみたかったこと。」

「勇気がなくて出来なかった事。」手放せなかった事。


色々と抱え込んでいるかもしれません。

少しずつ、一つずつ向き合ってみてください。


本当に向き合えた時、身体とココロは健やかになっていくでしょう。



【お花屋のNさんが抱えていたものは?】


Nさんの腕が痛み出した原因は、なんだったのか。

それは、身体を動かしたくても動かせない生活スタイルに原因があったようです。


元々運動好きのNさん。

ですが、お花屋さんの仕事は重労働な割には運動にはなりません。


事務仕事もかなり多くて、責任をどんどん抱え、仕事の負担もストレスも抱え込んでしまいました。


そして運動できない欲求不満が積り、最近痛みだしたようです。


これも立派な、ココロの要因です。

運動不足の人は沢山いますが、Nさんの場合は運動したくても出来ない状況でした。


今は仕事の負担を意識的に減らし、空いた時間で大好きな運動を少しずつ始めて、自分の身体と楽しく向き合っています。

最初は身体がガチガチでしたが、施術と、「自分と向き合う」事をする事で、

心身ともに健康になってきています。


皆さまには、一人で抱え込んでいるものはありますか?

抱え過ぎて、腕が痛くなってはいませんか?


抱えた荷物を減らして、健やかにお過ごしください^^


ありがとうございました^^


横浜オステオパシー施術処

不調を常に抱える女性のための「小さな」オステオパシー施術サロン。

0コメント

  • 1000 / 1000