耳とココロの関係1

【割と起こりやすい、耳トラブル】


皆様の中で、突発性難聴や、耳鳴りが鳴りやまない、中耳炎で悩んでいる方はいますか?

中耳炎や耳鳴りは皆さん1度は経験していますよね。


私の知っている芸能人だと、浜崎あゆみさんが片耳聞こえなくなってしまいました。


堂本剛さんは突発性難聴で今も悩んでいますね。。


一般人でさえ片耳が聞こえないと不自由なのに、歌手で耳の病になってしまうと、どんな想いで乗り越えているのか、向き合っているのかと考えてしまいます。


私の知り合いにも、耳が一時聞こえなくなったと話していたので、誰もがなりえる病です。


歌手なら、大音量のコンサートの影響で、耳が疲れてしまうこともあるでしょう。


様々な要因がきっとあるのだと思います。


今回は、「ココロ」のバランスを起点に考えてみたいと思います。


【耳トラブル=自己防衛反応】

ここに書く耳のトラブルとは、中耳炎や突発性難聴、耳鳴り等を指します。


なぜトラブルが起こるか。

それは、仕事やプライベートで聞きたくないことが多すぎてしまったり、

周りからネガティブな事を聞かされていると起こります。


仕事中に、上司から理不尽な言葉を日々聞かされていたり、

毎日のように自慢ばなしや愚痴を聞かされていると、身体とココロは悲鳴を上げ始めます。


アレルギーが起こるときと同じように、辛いココロが飽和状態になった時、

自己防衛システムが発動し、聞こえない状態を作るのです。


【私にもあった耳トラブル】


私がネガティブ女だった7年前、辛いことがあり、クヨクヨする日々。


当時の師から怒られたり、嫌な思いをしたとき。


耳の奥がずっと「ボソボソボソ」と鳴り続けていました。


耳鳴りもなり続け、誰かに耳を塞がれているような状態が何か月も続きました。


理性(頭)では「我慢しよう」「耐えよう」と頑張っていても、カラダとココロの反応は素直です。


我慢すればするほど、症状として顕著に表れてしまいますからね!


耳のトラブルは、我慢して治すのではなく、原因と向き合う事で改善していきますよ。


私の耳トラブルは、先生と絶縁した日から一切なくなりました。


それ位、自分が無理をしていたのでしょうね。


耳のトラブルや違和感が出たら、「我慢」「忍耐」ではなくて、

「聞かない」「聞き流す」ような気持ちでいましょう。


次回へつづく(´∀`*)

横浜オステオパシー施術処

不調を常に抱える女性のための「小さな」オステオパシー施術サロン。

0コメント

  • 1000 / 1000