髪とココロの関係2

-伝統芸能「相撲」は神事だった-


お相撲さんも、実は神様の役目をしているのです。


神様同士(国つ神、天つ神)が闘っている所を表している。


はるか昔から、大きなものには、人の畏敬、尊敬が集まります。


大きな体で戦う事、存在自体が力の象徴であり儀式になる。


しこを踏むというのは、地面の神様を鎮めるという儀式でした。


そして、お相撲さんは髷がゆえなくなった時、つまり髪が薄くなったら引退します。

神ではいられなくなるのです。


-髪に宿る力-


巫女さんも、本来は髪の毛が長い女性じゃないと勤められませんでした。


髪の長さは「意思の強さ」「力」を表しているからです。


逆にお坊さんは、髪に色々なものが宿るから、それを捨てる事で俗世を離れます。


力とか、そういったものと無縁な世界に生きるので、お坊さんは人間に数えてはいけない存在になります。


俗世から離れている存在、つまり死んだ人に数えられます。


だからお坊さんは税金を払わないんです。


神事と髪は、密接に関係しています。

まさに、言霊(コトダマ)ですねー。


では、また次回に続きます。

横浜オステオパシー施術処

不調を常に抱える女性のための「小さな」オステオパシー施術サロン。

0コメント

  • 1000 / 1000